アライブドラマ2話ネタバレあらすじ!男性乳がんの確率と遺伝性が恐い?

アライブドラマ2話ネタバレあらすじ!男性乳がんの確率と遺伝性が恐い?
Pocket

ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」2話が放送されました!

1話では、心と薫の過去について触れる場面がありました。

2人の関係性はどうなっていくのでしょうか。

2話のネタバレとあらすじが気になりますね。

そして今回は男性の乳がん患者がでてきます。

あまり聞くことのない男性乳がんの確率や、遺伝性が関係するのかについても解説しています。

病気とは恐いものですから、少しでも知る機会があると、早期発見につながりますね。

それではドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」2話のネタバレとあらすじ、男性乳がんの確率と遺伝性が恐いについて紹介します。

 

ドラマ「アライブ」2話のネタバレ&あらすじ!

ドラマ「アライブ」2話が放送されました。

1話では、恩田心(松下奈緒)梶山薫(木村佳乃)との関係性が明らかになりました。

患者を治療しながら、日々忙しく過ごしている心は今回どんな患者を診ることになったのでしょうか。

 

高坂を診察する薫!

全身ガンで治療中の高坂(高畑淳子)に、薫は前の病院でやらかしてしまって追い出されたんじゃないのと軽口をたたかれます。

冗談で言っているのですが、一瞬真顔となってしまいます。

病室では心の夫が以前意識が戻らぬままです。

心はそんな夫にそっと寄り添います。

 

男性が乳がん?

患者・日ノ原徹(寺脇康文)は、乳腺科から腫瘍内科に術前治療の為やってきました。

男性の乳がんは発症率1%未満で、中高年の男性が発症することが多いとされています。

実際少ないとはいえ、発症するリスクがある男性の乳がんを広く知ってもらうべきだと部長・阿久津晃(木下ほうか)は言いました。

光野守男(藤井隆)が診察している日ノ原は、自身が乳がんと診断されていることが、信じられないようです。

日ノ原の母親が乳がんだったこともあり、遺伝性乳がんの可能性を疑います。

娘がいる日ノ原に、遺伝性であるとすれば娘さんにも可能性があると伝え、検査を進めますが、離婚して奥さんと娘とは連絡をとっていませんでした。

 

心も乳がん患者を診る!

その頃、心はある女性・佐倉莉子(小川紗良)を診察しています。

莉子は検査により、乳がんとなって右の乳房の全摘出を進められます。

職場やまわりの人に知られたくないという佐倉に、心は打ち明けたいと思う気持ちが出るまで、普段通り生活できるように治療を進めましょうと話しました。 

 

心の心情!

心の自宅では、義父・京太郎(北大路欣也)が息子・漣(桑名愛斗)の宿題を手伝っていました。

宿題くらい自分でやりなさいと言いながら、息子を寝かしつけますが、京太郎と寝るといい寝室を出てしまいます。

「父親のような存在が欲しいんだろう」という京太郎に「父親はいます」と心は怒ったように言うのです。

薫に相談の連絡をいれ、薫がどうしたのかと問います。

「夫がもう帰ってこないと言われた」と言う心に返信することができません。

 

薫を問い詰める須藤!

薫が心の病院で働いていることに須藤進(田辺誠一)はなぜなのかと問い詰めています。

心の支えになりたいだけだという薫に、手術は問題なかったのだからそこまでする必要はないと言います。

それでも家族の日常を奪ったのは私だと薫は自分を責めます。

須藤が「自分の事と重ねてるのか?」と問いかけました。

関係ないという薫に、須藤は離婚が成立したと話すのでした。

 

乳がん患者・紀子!

乳腺科を訪れた日ノ原でしたが、女性でいっぱいの待合室に困惑してしまいます。

後ろから現れた紀子という女性が、お仲間ですねといって椅子に案内してくれます。

「一緒に並んでいれば夫婦に見えますよ、私はただのおせっかいばばぁです。」と言われ日ノ原はほっとするのでした。

日ノ原が遺伝子検査を渋っていることについて、医師たちは話をしています。

リスクがあるなら知りたいとも思うけど、知るのが恐いという人もいると、日ノ原を気遣います。

 

莉子の心!

病院で診察を待っていると、友人に声をかけられますが、莉子は風邪だとごまかします。

その後、カラオケで一人乳がんについて調べる莉子の姿がありました。

カラオケの部屋から出ると、莉子の検査に携わっていた研修医・結城涼(清原翔)と会います。

帰り道、結城に「勇気とか希望があれば、手術に踏み切れるんですかね」と話しかけました。

ゆっくりでも少なからず進行する病気の為、早く切ったら良いと思ってると答えます。

「病気はなぜ自分を選んだんだろう、自分の運命を恨んだことはありますか」と莉子は問いかけるのでした。

 

高坂は気づいている?

中華料理店に足を運んだ薫の前に、外で一人酒を飲む高坂が声をかけ、一緒に食事をすることになります。

紹興酒をお替りする高坂に、薫は手術を控えていると心配すると、心配してくれる人がいるのはうれしいねと話すのでした。

そしてやどりぎの会のチラシをくれたのって先生だよね、と言われてしまいます。

 

心の夫を診る須藤!

夫の病室では、須藤と心が話をしています。

自発呼吸が増えたように感じると話していると、夫が少し動き、心は笑顔を見せます。

須藤が心に、梶山薫先生を知っていますかと聞きました。

心は薫から須藤先生を知らないと聞かされていたので、須藤が薫を知らないと思っていたと話します。

その後、須藤が薫をバーに呼び出しました。

心との話を薫につたえ、今後のことを話そうといいます。

須藤は「そろそろ検査しないと」と言いました。

 

高坂が何かに気づく?

心が高坂に声をかけられます。

この間薫と飲んだよとという高坂に、仲良しですねと答えます。

あなたたちも仲良しじゃないと言うと、心は高坂が引き合わせてくれたと言いました。

高坂からもらったやどりぎの会で出会ったと話すと不審そうな顔をするのでした。

 

紀子が相談室へ!

入院となった日ノ原がベッドにいると、紀子が明るく話しかけてくれています。

心は、紀子に体調を訪ね、相談室を訪れた理由を問います。

こっちの方が親しみやすい先生たちがいて居心地が良いと答えるのでした。

 

友人の妊娠を知る莉子!

その頃、莉子はトイレで自分の姿を見ていました。

すると、トイレに葵が駆け込んで、嘔吐してしまいます。

助けを呼ぼうとするも、ただのつわりだと妊娠を知るのです。

診察室呼ばれた莉子は心に、「胸を取れば心も元に戻りますか、人の幸せが喜べなくなっているのが恐い」と話しました。

 

紀子が亡くなる!

化学療法室にいる日ノ原に心は体調を聞きます。

紀子のアドバイスをしっかり続けているという日ノ原に、紀子が先日亡くなったということを伝えました。

紀子は緩和ケアの方にいたが、同じ乳がん患者のために何かしたかったと言います。

そして紀子からあずかったニットの帽子を日ノ原に渡すのです。

 

莉子が手術を拒否?

心と薫が2人外で話をしています。

心は莉子が人の事を喜べなくなったことが辛いと言った時の事を話しました。

「それって無理してるんじゃない」と薫は心に伝えるのでした。

心に莉子がオペの説明に来なかったと報告が来ました。

莉子に連絡をするもつながらず、莉子の母に連絡をすると、無理やり連れられて病院にきます。

莉子と話しをしようとするも、母が莉子の言葉をさえぎって、すぐに逃げようとする癖があると言うのです。

2人で話したいと、診察室を離れると、薫のもとへ向かいます。

薫は自分がガンサバイバーで、莉子と同じ乳がんのステージⅡだったことを明かしました。

手術して治療して、元気に働けるようになったという薫に、胸はどうなりましたかと莉子は問います。

命が助かれば良いとはわかっているけれど、恋とか結婚とかできないかもしれないと泣き出します。

すると、薫は自ら服を脱ぎ、再建した胸を見せました。

この傷が莉子の恋の妨げになるのなら、その相手は運命の人じゃないと言いました。

化学療法室の見学に行きたいという莉子を、結城が案内します。

自分の運命を恨んだことがあるかの問いに答えます。

自分は医者一家に生まれて育ったことを恨んで、医師になりたくないと思っていたと言います。

逃げてばかりの人生だったけど、もう逃げないと決意する莉子に、結城も逃げないことを誓います。

>>「アライブ」木村佳乃の裸の背中画像が綺麗!

 

日ノ原が決断!

日ノ原は、遺伝子検査をして、乳がんが遺伝することが分かったら、娘は恨みますねと光野に話します。

仮に遺伝すると分かったとしても、それを伝えるために久しぶりに連絡をくれた父のことをわかる時が必ずくると励まします。

やっと日ノ原は遺伝子検査をうけることを決断できました。

 

心と薫で温泉へ!

莉子の手術が無事に終わり、心は薫に報告します。

仕事に戻ろうとする心を引き留め、薫は次の休み時間をくださいと言いました。

そして2人で温泉に入りに行くのです。(温泉入浴シーン画像はこちら

乳がんで手術をしてからは温泉に行くのが恐かったと話します。

失うものもたくさんあったけど、病気が自分の価値観を変えてくれたと言います。

前は自分のためだけに自分の人生を生きるものだと思っていたけれど、今は誰かのために生きたいって思えるようになったと話しました。

帰り道、心を車で自宅まで送ります。

車から降り、家へと向かう心を引き留めると「私、あなたに言わなくちゃいけないことがある」と言うのでした。

そこへ心に着信が入ります。

顔がこわばる心に、大丈夫かと聞くと、「夫が急変した」と報告を受けるのです。

>>無料で「アライブ」2話を見る

 

ドラマ「アライブ」男性乳がんの確率と遺伝性が恐い?

ドラマ「アライブ」2話では、男性患者・日ノ原(寺脇康文)が乳がんを発症していました。

男性が乳がんとは、イメージがないですよね。

調べてみました。

 

男性の乳がんの確率は?

ドラマ内でも出てきましたが、男性の乳がんの確率は1%未満とされています。

しかし、非常に稀なことから発見が遅くなることが多く、女性に比べて他の組織に転移しやすいという特徴があります。

女性の乳がんには女性ホルモンが関係しますが、男性の乳がんに関しては明確な理由が分かっていません。

乳がんと一口で言っても様々なタイプがありますが、赤みや腫れ、乳頭や乳輪部にただれや湿疹がでることがあります。

男性の乳がんは痛みを伴わないのが特徴です。

 

乳がんは遺伝する?

今回ドラマで遺伝性を調べるという話になりましたね。

乳がんは遺伝する可能性もあります。

遺伝性とされる乳がんは、全体の5~10%程度とされています。

遺伝で受け継がれた変異遺伝子というものが関係し、それを持っていると遺伝する可能性が高くなります。

 

乳がんについてSNSでは?

男性乳がん患者を見かけたという方もいます。

ガンは自覚症状が出るまで気づきにくいですから、検査し、早期発見に努めることが大事です。

経験者の方もたくさんコメントしていました。

今現在治療されている方に届くと良いです。

 

>>「アライブ」ネタバレ&あらすじ【1話2話

>>「アライブ」木村佳乃の裸の背中と温泉入浴シーン画像がヤバイ

>>「アライブ」は百合ドラマ?木村佳乃&松下奈緒カップル期待の声!

>>「アライブ」木村佳乃(梶山薫)正体ネタバレ!本当の目的は?

 

ドラマ「アライブ」2話ネタバレ&あらすじ!男性乳がんの確率と遺伝性が恐い?まとめ

今回は、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」2話のネタバレとあらすじを紹介しました。

2話のテーマとなるのは乳がんです。

そして確率の低い男性乳がんの患者が遺伝性かもしれないという恐い話がありました。

ドラマを見て検査に行こうと思った人も多くいるのではないでしょうか。

自分だけのためじゃなく、自身の健康に気を付けていきたいですね。

以上、ドラマ「アライブ がん専門医のカルテ」2話のネタバレ&あらすじ!男性乳がんの確率と遺伝性が恐い?をまとめて紹介しました。

3話の放送は、1月23日よる9時からです。