アライブ石野真子の爪の黒ずみやメイクがリアル!抗がん剤副作用も女優魂で演出がすごい

アライブ石野真子の爪の黒ずみやメイクがリアル!抗がん剤副作用も女優魂で演出がすごい
Pocket

がん専門医で、おんころ先生と呼ばれる恩田心(松下奈緒)と梶山薫(木村佳乃)が医療を通じて、2人の絆を深めていくドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」。

患者の最期に向き合うこともあるガン専門医・心の元に来た第1話の患者は村井恵子で余命が3カ月でした。

この患者を演じた石野真子さんの女優魂がすごいと話題になりました。

さらに、抗がん剤副作用によるメイクや爪の黒ずみまでリアルに再現され、演出もすごいという声がたくさんありました。

今回は、ドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」でがん患者を演じた石野真子さんの女優魂と、抗がん剤副作用のメイクや爪の黒ずみの演出がリアルですごい、と話題になったことについて紹介します!

 

ドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」石野真子の抗がん剤副作用・爪の黒ずみやメイクの演出がリアルですごい!

ドラマ「アライブ」では、がん専門医という設定の為、さまざまながんを患う患者が出てきます。

石野真子さん演じる村井恵子もその一人で、余命3カ月と宣告されています。

宣告され、抗がん剤治療が始まると、その副作用によって体にはあらゆる変化がでてきますね。

その演出と、演技がすごいと話題になりました。

さっそく詳しく解説していきます!

 

村井恵子(石野真子)はどんな設定?

アライブ石野真子の爪の黒ずみやメイクがリアル!抗がん剤副作用も女優魂で演出がすごい

引用:https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20200005.html

原発不明のがんと診断され、余命3カ月と宣告されていた恵子は、心の元へ診察に訪れます。

その後、心によって腹膜ガンという希少ガンであることが発覚した恵子は、やっと治療に踏み切れることとなるのです。

しかし、薬が合わず、別の抗がん剤を試すために同意書をもらおうとしますが、拒否します。

恵子には若年性認知症を患った恋人がいたからです。

自分の事を忘れ行く恋人とできるだけ一緒に過ごしたい、だから治るかわからない治療は受けたくないと言いました。

しかし、恋人から「恵ちゃんのいない生活は考えらない」とプロポーズされ、治療を再開します。

外科的手術によって無事にガンに侵された部位を取り除くことに成功したのでした。

 

石野真子のがん患者姿は?

ほぼすっぴんのようですね。

やつれて、顔色もあまりよくない感じに見えます。

こちらは石野真子さんの女優魂が光ったシーンです。

抗がん剤が合わず、アナフィラキシーショックを起こしました。

苦しみに耐える患者の姿を演じましたが、これがまたリアルだったと評判です。

残念ながら爪が黒ずんでいるところの写真は見つかりませんでしたが、医療ドラマのすばらしい演出と石野真子さんの女優魂で、がん患者をリアルに再現できていたと話題になりました。

では実際、抗がん剤による副作用や、がんを患うとどのようになるのか、調べてみました。

 

実際にガンになるとどうなる?

体の内面的な副作用は、吐き気・嘔吐・食欲不振・下痢・便秘などがあります。

さらに、手足のしびれなどの神経障害が出る場合もあります。

外見的な変化でよく知られているのが、脱毛です。

頭髪だけでなく、眉毛やまつ毛、全ての体毛が脱毛していきます。

頭髪しかイメージしてなかったという方も多いのではないでしょうか。

そして他にも、皮膚のくすみや乾燥、爪が黒ずむといった症状も典型的な抗がん剤の副作用です。

1話での石野真子さんのメイクが、どれだけ再現されていたか分かりますね。

確かに、肌のくすみや眉のメイクもいつもより薄めでな感じでした。

 

石野真子の患者姿の反応は?

話題になっていましたが、どんな声があったのか具体的に見ていきましょう。

女性にとって、脱毛っていうのは特に堪える症状ですよね。

恋人の前ではキレイでありたいという気持ちもあって、抗がん剤の変更を断ったというのもありそうですね。

治るかもしれないけど、その間に恋人は自分が分からなくなるかもしれないと思うと悩みますよね。

見えにくい部分まで再現しているのがすごいですよね。

多数の医師や看護師が監修しているドラマなので、細かいところまで再現できたのでしょう。

実際にご自身の体験を語ってくれた方もいます。

原発不明ガンと診断されてから、実際の治療に至るまで、現実と一緒だったようです。

患者として治療に臨む姿ももちろんですが、恋人とのシーンも泣けるものがありました。

恋人からのプロポーズは涙でしたね。

他にもたくさん名演技だった、演出がすごかったとの声がありました。

がん専門医のカルテなので、これからも同様にガン患者が出てきます。

他の患者のメイクや爪にも注目したいところですね。

 

>>無料で「アライブ」1話を見る

>>「アライブ」1話ネタバレ&あらすじ

>>「アライブ」に原作はある?脚本・医療監修・エキストラ情報まとめ

 

ドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」石野真子の爪の黒ずみやメイクがリアル!抗がん剤副作用も女優魂で演出がすごい!まとめ

今回は、ドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」石野真子さんの抗がん剤副作用による爪の黒ずみやメイクがリアルに演出されていたことについて紹介しました。

また、石野真子さんの女優魂が光っていた演技についても紹介しています。

細かい爪の黒ずみやメイクまで施され、そこに石野真子さんの演技力が掛け合わさってリアルなガン患者を演じられたのでしょうか。

石野真子さんはゲスト出演ですが、これからもガン患者が出てくるドラマなので、演出にも注目したいですね。

以上、ドラマ「アライブ~がん専門医のカルテ~」石野真子さんの抗がん剤副作用の演出と、女優魂がリアルですごいと話題になったことについて紹介しました。