ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?

ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?
Pocket

今大人気のジャニーズ、Sexy Zone佐藤勝利さんとKing&Prince高橋海人さんがダブル主演の映画「ブラック校則」の映画が11月1日から始まりましたね!

映画に先駆けて、10月からはドラマ「ブラック校則」も放送されています。

ドラマと映画がほぼ同時に始まるという、今までにないスタイルの「ブラック校則」ですが、ドラマと映画どちらも見た!という方もいれば、まだ片方しか見ていないという方もいると思います。

片方しか見てない、どちらもまだという方は映画とドラマの違いはあるの?と気になりますよね~。

そこで今回は映画とドラマの「ブラック校則」この2つはどういう違いがあるのか、徹底解剖していき、見てない人にも分かりやすくご紹介していきたいと思います!

ドラマ「ブラック校則」全話&Huluオリジナルストーリーを無料でみる方法はこちらで紹介しています。

 

「ブラック校則」の映画とドラマの違いはどこ?両方見てない人でも意味わかる?

10月14日から深夜連続ドラマとして始まったドラマ「ブラック校則」。

11月1日に映画も始まり、さらにドラマ放送と同時にネットの配信サービスの方でもオリジナルストーリーが放送される、「三つの作品が完全新作の物語で、このすべてが絡み合い、横断的に展開する」という新しいスタイルとなっているようです!

そしてジャニーズ2人がダブル主演ということもあり、早くも話題となっていましたね~!

ちなみに「ブラック校則」は原作の漫画や小説などはなく、完全オリジナルストーリーとなっています。

今は漫画を原作にした学園ものが多いので、結構珍しいですよね。

ドラマと映画は全くの別物というわけではなく、ちゃんと繋がっているようです。

ここでドラマ、映画とともに出てくる主なキャストを見ていきましょう。

Sexy Zone・佐藤勝利(小野田創楽)

ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?

引用:https://www.cinra.net/news/20191030-blackkousoku

高校2年生で、クラスの中では全く目立たない、クラスカースト最下位の地味で空気のような男子生徒。

なにかとオドオドしています。

King&Prince・高橋海人(月岡中弥)

ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?

引用:https://morimasa0827.com/5134

小野田創楽の親友で同じ高校2年生。

創楽とは真反対の性格で、空気をよまずいつも予想外の行動で周囲を驚かせます。

モトーラ世理奈(町田希央)

ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?

引用:https://www.oricon.co.jp/news/2146400/full/

今作のヒロインで、実は創楽と海斗は彼女のことが好き。

地毛が栗色のため、髪を黒く染めろと強要され、不登校がちに。

独特な雰囲気をまとった女の子。

SixTONES・田中樹(松本ミチロウ)

ブラック校則の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?

引用:https://trend-movie.com/archives/698

不良グループのボスでありながら、生徒副会長。

クラスカーストトップの権力をもち、校則を使って他の生徒達を痛めつけており、いつも手下を従えて偉そうにしている。

主な出演者をあげてみました。

映画とドラマでは出演者は変わっていません。

>>キャスト&相関図を詳しくみる

 

ドラマの「ブラック校則」のあらすじは?

違いを見つけていくために、それぞれのあらすじを見ていきたいと思いますが、ドラマの方は1話で完結するストーリーになっているので結構スピーディーな展開のようです。

ドラマ「ブラック校則」では、存在感の薄い地味な高校2年生小野田創楽(佐藤勝利)と、その親友の月岡中弥(高橋海人)、その2人が気にかけている町田希央(モトーラ世理奈)を中心に物語は展開していきます。

そんな3人が通っている光津高校、そこは髪の色や長さはもちろんトイレの所要時間など様々な理不尽な校則がはびこっていました。

その理不尽な校則のせいで、元々栗毛の町田希央は黒に染めろと強要され、不登校になり退学寸前となってしまいます。

そのことを知った2人は「こんな校則なんてぶっ壊してやる」と決意し理不尽な高校の「ブラック校則」に立ち向かっていきます。

現在6話まで放送されていますが、1話からあらすじをまとめてみます。

 

1話

創楽が思いをよせる町田希央を救うため、「ブラック校則」をなくそうと一念発起し、親友の月岡中弥と共に動き出します。

 

2話

校則を真面目に守り、正しいと思っている生徒会長の樹羅凛に希央が「校則の境界線があいまいだ」と疑問をなげかけ、樹羅凛に実験を試みます。

樹羅凛はスカートを短くするなどしたが先生達は気づかず、真面目な樹羅凛は中々気が付かない先生達に対しどんどん不安になっていき、いつもの強い姿とは違う、弱い一面が垣間見えた回でした。

 

3話

中弥がパン屋でアルバイトしていることがバレてしまい、中弥をなんとか救おうと考えた創楽は「ブロッコリーさん」に仮装して、先生達を混乱させ、なんとか危機を乗り越えることに成功。

 

4話

「自転車通学禁止」の校則。片道40分もかけて徒歩で登校している生徒もいる中、創楽は副会長のミチロウにマラソン勝負をすることに、結果同時にゴールという微妙な感じに…。

 

5話

5話では「ブラック校則」から離れ「ブラック工場長」の回に。

希央の関係で知り合った工場労働者たちに、工場のパワハラを聞かされた創楽たちはラップバトルを仕掛け、待遇改善につながりました。

 

6話

なぜこんなに校則が厳しいのか、光津高校の校長がこうせざるを得なかった理由が明かされます。

1話完結のストーリーですが、徐々に秘密が明かされて解決しそうな流れですね。

 

映画の「ブラック校則」のあらすじは?

基盤は同じ、2人が「ブラック校則」を希央のために壊していこうとします。

生徒たちが校舎の裏に落書きした校則の不満の数々。

これを見た創楽と中弥は校則を変えようと決意します。

そんな中、希央は自分の居場所であった工事現場で事故に巻き込まれてしまいます。

しかし学校側はここにいることが非行と捉え、退学処分にしようとします。

創楽と中弥は立ち向かおうと、全生徒を校庭に集め演説を行います。

これにより希央は退学を免れ、再び学校に通うことができるようになりました。

以上が映画のあらすじとなります。

なんとなくドラマと繋がる部分もあるような感じですね!

 

「ブラック校則」のドラマ&映画を見た視聴者の反応は?

ドラマを見られた方は、映画の方がどうなるのかすごく気になったのではないでしょうか?

ネットではドラマと映画についてこのような声があがっています。

2回、3回以上見られた方が結構いるようで驚きました!

そして何度見ても飽きない、見る度に新しい発見がある、泣ける!などなど、かなりの評判のようです。

視聴者の声、ドラマ、映画のあらずじを見ていくと、明確な違いは「ドラマは1話完結のストーリー」「映画は2時間の枠の中でストーリー性がしっかりと表現されている」ということになり、それ以外の違いというのは無いように思います。

映画、ドラマがしっかりと繋がっていて、ドラマでは表現しきれなかった部分を映画でつなげていき、さらに細かい部分をネットの配信オリジナルストーリーで表現しているのだと思います。

なので、ドラマだけでは気が付かなかったことが、映画で分かって感動したり、面白かったりするようですね。

監督が話した、「3つのストーリー全てが絡み合い、横断的に展開する」という言葉がすごくハマったなと感じました!

 

>>ドラマ全話&Huluオリジナルストーリーを完全無料でみる

>>映画「ブラック校則」前売り券の特典クリアファイルはこちら

 

「ブラック校則」の映画とドラマ違いどこ?見てない人も意味わかる?まとめ

今回は映画とドラマ「ブラック校則」の違いを、見てない方でも分かるようにご紹介していきましたが、いかがでしたか?

ドラマ、映画の「ブラック校則」には違いはほとんどありませんが、繋がりを見つけることで予想を超えて面白かったという声がたくさんありました。

ジャニーズの学園モノ、アイドル映画とあなどらず、本当に感動して勇気をもらえる物語となっているようなので、片方しか見てない!という方やまだどちらも見てないという方は、ぜひドラマ、映画、ネットとご覧になることをオススメします!(^o^)