グランメゾン東京ロケ地レストランはパリ三ツ星ランブロワジー?ミシュランとったフレンチはどこ?

グランメゾン東京ロケ地レストランはパリ三ツ星ランブロワジー?ミシュランとったフレンチはどこ?
Pocket

2019年秋の日曜劇場「グランメゾン東京」の撮影が順調に進んでいるようです。

ロケ地(撮影場所)には、ミシュランで三ツ星をとったパリのフレンチレストランが使われているという話がありますが、本当なのでしょうか?

その三ツ星レストランの名前は「ランブロワジー」という噂です。

三ツ星レストランで実際にロケを行うなんてすごいですよね!

今回は、「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)のミシュランで三ツ星をとったパリのフレンチレストランはどこ?「ランブロワジー」?と題して調べてみたいと思います。

「グランメゾン東京」全話を無料で見る方法はこちら

 

「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)のミシュランで三ツ星をとったパリのフレンチレストランはどこ?

ドラマを見ていると「どこで撮影しているんだろう~?」と気になることってたくさんありますよね!

「グランメゾン東京」のロケは日本を飛び出してなんとフランスのパリでクランクインしたんだとか!!

さすがキムタクのドラマは、規模が違いますね~( *´艸`)

パリでの撮影地は、ミシュランで三ツ星をとったフレンチレストランということです。

現在パリには、三ツ星レストランが9つあるようです。

  • 「ランブロワジー」1988年~ パリ4区
  • 「ギィ・サヴォワ」2002年~ パリ6区
  • 「アルページュ」1996年~ パリ7区
  • 「アラン・デュカス・オテル・プラザ・アテネ」2016年~ パリ8区
  • 「ル・サンク」2016年~ パリ8区
  • 「エピキュール・ア・ロテル・ブリストル」2009年~ パリ8区
  • 「アレノ・パリ・オー・パヴィヨン・ルドワイヤン」2015年~ パリ8区
  • 「ピエール・ガニェール」1998年~ パリ8区
  • 「ル・プレ・カトラン」2007年~ パリ16区

パリだけで9つも三ツ星レストランがあるなんて凄いですね~☆☆☆

この9つのレストランの中の1つを撮影場所として借りて、「グランメゾン東京」のロケが行われたようです。

その三ツ星レストランとは、パリ4区にある「ランブロワジー(L’Ambroisie)」です!( *´艸`)

グランメゾン東京ロケ地レストランはパリ三ツ星ランブロワジー?ミシュランとったフレンチはどこ?

引用:グーグルマップ

パリで一番古い広場である「ヴォージュ広場」の近くにあります。

【住所】9 Place des Vosges, 75004 Paris, フランス

【電話番号】+33 1 42 78 51 45

>>公式ホームページ

お店の名前「L’Ambroisie(ランブロワジー)」の語源となっているのは、ギリシャ神話に登場する神々の食べ物“アンブロシア”とのこと。

アンブロシアは「不死」という意味があります。

「ランブロワジー」の料理を食べると、あまりの美味しさに不死身になった気持ちになれるかもしれませんね( *´艸`)

ランブロワジーで撮影している様子がこちらの映像で少し紹介されていますよ!

キムタクが流暢にフランス語をしゃべっている姿もカッコイイですよね(*^^)v

そして、フランスのパリで撮影されたシーンは、以下の2シーンです。

  • 尾花(木村拓哉)がパリの自身のお店でミシュラン二つ星を獲得していた頃のシーン
  • 重大事件によりどん底まで落ちた尾花が倫子(鈴木京香)と出会うシーン

どちらのシーンも、このドラマでは重要な2軸となっているようです。

このパリでの撮影の模様が9月1日に解禁したこちらの予告映像でもチラ見えしています。

エッフェル塔もちらっと映っていますよね( *´艸`)

第1話の放送が待ち遠しいですね♪

 

「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)のパリのミシュラン三ツ星フレンチレストラン「ランブロワジー」がすごい!

「ランブロワジー」は三ツ星レストランの中でも最も予約が取れないといわれる超人気店です。

お店の予約を取るためには、以下のような色々な条件があるようです。

  • 泊っているホテルのランク
  • フランス語が流暢に話せる
  • 一か月以上前にとる

「フランス語が流暢に話せる」というのがなかなかハードル高そうですね(;^_^A

「ランブロワジー」は、1988年に初めて三ツ星を獲って以来、30年以上に渡りその地位をキープし続けている大変希少なレストランです。

「ランブロワジー」が撮影地として使われるのは、世界初!!

ミシュランガイドの全面協力で実現したということです。

 

「ランブロワジー」は値段も超一流?大統領の会食にも使われた?

2015年には、フランスのオランド元大統領とアメリカのオバマ元大統領が「ランブロワジー」で会食をしたんだとか。

大統領の会食に使用するほど超一流のお店なんですよね!

気になるのは料理のお値段ですよね。

一般庶民でも果たして行ける価格帯なのか…。。

「ランブロワジー」のメニューについて調べてみたところ、コースというものは存在せず、すべてアラカルト(一品料理)での注文になるようです。

そして、前菜の値段でも100ユーロ(11,500円)以上するんだとか。

ワインは一番安いもので、60ユーロ(7,000円)ということです。

一通り食べたとしてそのお値段は、400~600ユーロ(47,000~70,000円)といったところでしょうか。

た、高い!!Σ(゚口゚;)//

しかし、一度食べたらその価格も納得の美味しさのようですよ。

三ツ星レストランのフランス料理が10万円以下で食べれるのはもしかして超オトクだったりして??

問題はお金のことよりも、予約の取りづらさかもしれませんね(;^_^A

死ぬまでに一度は行ってみたいお店ですね( *´艸`)

 

「ランブロワジー」の副料理長は日本人?

三ツ星レストラン「ランブロワジー」の副料理長はなんと日本人なんだとか!

現在、「ランブロワジー」で副料理長を務めているのは、日本人男性である吉冨力良さんです。

吉冨力良さんは、熊本出身で、高校を卒業後、福岡の調理専門学校に1年間通いました。

その後、福岡のレストランに就職するも、プロの洗礼を受けて4ヶ月で退職してしまいます。

地元に帰り、熊本のレストランで2年、そして東京のレストランで8ヶ月、また別のレストランで3ヶ月、転々と色々なレストランで働きますが、続きません。。

それだけ料理の道は厳しいということですね><

23歳の時に意を決してフランスに渡ります。

そこから紆余曲折して見事三ツ星レストラン「ランブロワジー」に採用されました。

その道は決して楽な道ではなかったと思いますが、2017年12月にパリで行われた「パテ・アンクルート世界大会」で見事優勝!

そんな吉冨力良さんの生き様や料理に対する姿勢に、木村拓哉さんは感銘を受けて、撮影の合間にも自ら進んで傍で勉強されてもらっていたようです。

木村拓哉さんのこの作品にかける意気込みが伝わってくるエピソードですよね!

 

>>「グランメゾン東京」全話を無料で見る方法はこちら

>>「グランメゾン東京」キャスト&相関図はこちら

>>ドラマ「グランメゾン東京」主題歌の歌詞やPVはこちら

 

「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)ミシュラン三ツ星フレンチレストランまとめ

今回は、「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)のミシュランで三ツ星をとったパリのフレンチレストランはどこ?「ランブロワジー」?と題して調べてみました。

調べてみた結果、「グランメゾン東京」ロケ地(撮影地)のミシュランで三ツ星をとったパリのフレンチレストランは、「ランブロワジー」であることがわかりました。

お値段もお味も最高峰の超一流フレンチレストランで撮影した、「グランメゾン東京」の第1話が楽しみです(*^^)v

記事出典画像:公式HP / 公式ツイッター