凪のお暇で素直にごめんと謝る慎二が泣ける!糠床と豆苗も捨てられなかった?

凪のお暇で素直にごめんと謝る慎二が泣ける!糠床と豆苗も捨てられなかった?
Pocket

8月30日(金)放送のドラマ「凪のお暇」第7話のラストで、ついに慎二(高橋一生)が凪(黒木華)に対して素直にごめんと謝るシーンがありました。

泣きながら凪に謝っている慎二の姿がとても泣けると話題になっています。

凪の糠床と豆苗も捨てられなかったようですね。。

今回は、ドラマ「凪のお暇」で素直にごめんと謝る慎二が泣ける!糠床と豆苗も捨てられなかった?と題してみんなの声を調べてみたいと思います。

慎二がついに素直になる第7話を無料でみる方法はこちらです!

 

ドラマ「凪のお暇」素直にごめんと謝る慎二が泣ける!

中二病いや、小3病だった慎二(高橋一生)がついに素直になる日が来ました!

いや~第7話にしてやっと凪(黒木華)に素直な気持ちが伝えられましたね、感動しました( ;∀;)

慎二が素直になるシーンは、第7話の最後の最後でした。

スナックバブルでは、裏番組のラピュタを意識したママ(武田真治)が、お客さんに青い鳥丼を出しながら「バルス!」と言い(こちらを参照)、青い鳥丼のタレの秘訣を話します。

ママ「昔の男が老舗の焼鳥屋の息子で、伝統のタレを小分けにしてもらったの」

それを聞きた凪は、凪の家に先祖代々伝わっている糠床を小分けにしたものが慎二の部屋にあるのではないかと気づきます。

伝統の糠床は、凪が今のアパートに引っ越してくる時に処分してしまっていたのでした。

という流れで、慎二の部屋に凪が突如訪問してきます。

家のインターフォンが鳴り、慎二は付き合っている彼女の市川円(唐田えりか)が来たと思い、玄関のドアを開けます。

しかしそこにいたのは元カノの凪でした。

遅い時間に突然ごめんと謝り、冷蔵庫に駆け寄る凪。

そして、冷蔵庫の奥に糠床を発見します。

 

好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった。

おばあちゃんの糠床を捨てないでとっておいてくれてありがとうと笑顔で言う凪を見て、慎二は泣き出してしまいます。

このシーンは原作の漫画にもありましたね。

そして、ここからのシーンで、素直になった慎二が凪に自分の気持ちを伝えます。

慎二「ごめんな。あの時はごめん。お前が倒れたの、俺のせいだ。」

凪「え?」

慎二「わかってやれてなかった。追い詰めた。好きだった。幸せにしてやりたかった。できなかった。ごめんな。ごめん。」

泣きじゃくる慎二。

凪が上の方を見上げると、そこには凪の育てていた豆苗が。

その時のシーンの映像がこちらです。

なんとー感動のシーン…( ;∀;)( ;∀;)( ;∀;)

涙が止まりません( ノД`)シクシク…

あの小3慎二が、こんなに素直に自分の気持ちを凪に伝えられる時が来るなんて…。。

泣き方はちょっと小3っぽかったですが(笑)、本当に感動しました。。

 

ドラマ「凪のお暇」の慎二は糠床と豆苗を捨てられなかった?

以前、慎二が凪にまつわるものをすべて断捨離していたシーンがありましたよね。

そのシーンで、凪の豆苗もゴミ袋に捨てていたような気がしましたが、まさかあの後ゴミ袋から取り出して今も育てていたとは…!!!

そして、凪の糠床も大事に取ってあるなんて。。

なんて、なんて、健気なのでしょう(涙)

慎二にとって凪はこんなにも大切な存在だったんですね。。

 

この後、円が来たらどうなる!?

慎二の家に凪が突如やってきて、慎二の告白シーンがはじまりましたが、この直前に電話で慎二と円ちゃんが話していました。

その会話の内容は、円がこれから慎二の家に来るというものでしたよね。

そして慎二は円に対して、自分たちの関係をちゃんと話そうと伝えていました。

円ときちんと向き合うことを決めた直後に凪が来てしまい、慎二の心は大きくぐらつきました。

こんなところに彼女の円ちゃんが登場したら、ヤバイことになりますよね(;^_^A

いまにも円ちゃんが登場しそうでヒヤヒヤしましたが、第7話では円は登場することなく終わりました。

次回の8話の展開が気になります。。

 

ドラマ「凪のお暇」第7話の慎二に対する視聴者の声は?

第7話のラストは全部慎二がもっていきましたね~。

視聴者の声を見てみましょう!

凪が慎二の部屋を訪ねてくる前にしていた円との電話を切った後、前斜め上を見上げているシーンがありましたが、あれは凪の豆苗を眺めていたんですね。

今までも慎二がそうやって凪の豆苗を眺めていたと思うと、切なくて泣けてきますね( ノД`)

小学三年生の泣き方(笑)

私以外にもそう思った人はいるようでした(笑)

あの泣き方がまた可愛くて母性本能をくすぐるんですよね~( *´艸`)

人一倍空気を読んで苦しんでいたからこそ、凪の気持ちが分かったという声もありました。

慎二と凪は似た者同士で、家庭環境にトラウマがあります。

2人とも小さい頃から上手に息が吸えなかったんですね。。

慎二が唯一空気を読まずに一緒にいることができる存在が凪だったんですよね。

慎二が素直になった第7話を無料で見る方法はこちらを参考にしてくださいね。

 

>>凪のお暇でラピュタ「バルス!!!」のシーンはこちら

>>慎二の兄・我聞慎一はシソンヌ長谷川?

>>渋滞でイライラしてホテルだけ寄って帰る慎二はクソ?

>>原作漫画のラストネタバレはこちら

>>原作漫画とドラマの違いはこちら

 

まとめ

今回は、ドラマ「凪のお暇」で素直にごめんと謝る慎二が泣ける!糠床と豆苗も捨てられなかった?と題してみんなの声を調べてみました。

凪の豆苗と糠床を捨てられなかった慎二は泣けるし、素直にごめんと謝る慎二は本当に切なすぎました。。( ノД`)

ドラマ「凪のお暇」の残すところあとわずか!?1話も見逃せませんね!!(汗)