テセウスの船の翼ロリコンで死因は自殺or毒殺?2話ネタバレあらすじ!

テセウスの船の翼ロリコンで死因は自殺or毒殺?2話ネタバレあらすじ!
Pocket

ドラマ「テセウスの船」の2話が放送されましたね!

田村心(竹内涼真)と佐野文吾(鈴木亮平)の心がつながり、事件を防げるかもしれないと心は感じ始めています。

果たして無差別殺人事件に繋がる事件の数々を、心は防げたのでしょうか?

ネタバレとあらすじが気になりますね!

そして、この回では新聞配員・長谷川翼(竜星涼)が亡くなります。

翼の死因は自殺、毒殺どちらなのでしょうか。

さらに、放送後には翼がロリコンだと話題になりました。

そこで、今回はドラマ「テセウスの船」2話のネタバレとあらすじ、そして長谷川翼(竜星涼)がロリコンという話題と、死因が自殺か毒殺かについて解説していきます!

 

ドラマ「テセウスの船」長谷川翼(竜星涼)はロリコンで死因は自殺or毒殺?

三島明音(あんな)が失踪し探す田村心(竹内涼真)が、長谷川翼(竜星涼)に声をかけると虚ろなまなざしでした。

明音が見つかり心が疑われる中、「翼が遺体で発見された」と無線が鳴り響きます。

翼が明音失踪の犯人なのでしょうか?

そして翼は自殺なのか、毒殺なのか考えてみます。

 

翼ロリコン説はどこから?

翼は常にカメラを提げています。

新聞配達員である翼は、時間があると子供たちの元へきて、世話をしていました。

ウサギを抱く、明音の姿も写真に撮っています。

一方、婚約者の裕子は明音の写真を燃やしていましたね。

裕子は翼にきつく当たられているので、婚約しているものの、翼の心は裕子にはないと思われます。

そんな裕子が翼の撮った写真を燃やすということは、子供の方に気持ちがいっているのが気に食わないということでしょう。

そんな中、明音が失踪し、最後には翼が亡くなります。

これにより、翼が恐らく明音を連れ去ったのだろうと推測されますね。

翼は、「明音を小さいときから見ていたんだ」と話していましたから、好きだったのでしょう。

 

翼の死因は自殺?それとも毒殺?

最後には翼が遺体となって発見されました。

泡を噴いていおり、近くには毒と思われる瓶がありましたから、死因は毒でしょう。

しかし、自殺か毒殺かは判明していません。

この答えは恐らく、明音失踪時の翼の行動からわかるのではないでしょうか。

最終的に、明音は生きていたわけですが、失踪時の翼の目はかなり虚ろでした。

戸惑い、焦り、そして何かから逃げているようでしたね。

翼が犯人ならば、場所を知っているから、ただ逃げればいいはずです。

しかし、明音を想うような言動をし、去っていきます。

ということは、明音を閉じ込めるように何者かに指示されたのではないでしょうか。

それを実行に移してしまい、どうしていいかわからず、挙動不審だったのだと考えます。

それをどこかで犯人が見て、翼が使い物にはならないと判断し、毒殺したのでしょう。

>>うさぎを殺した犯人は長谷川翼?ノートの絵が恐い!

 

ドラマ「テセウスの船」2話のネタバレ&あらすじ!

翼が最後は遺体となって見つかりました。

翼の身に一体何があったのでしょうか?

そして明音は誰に連れ去られ、閉じ込められていたのでしょうか。

気になるネタバレとあらすじを早速見ていきましょう。

 

家族の笑顔!

佐野家はにぎわっていました。

佐野文吾(鈴木亮平)を中心に、鈴(白鳥玉季)、慎吾( 番家天嵩)、そして田村心(竹内涼真)がプロレスごっこしています。

そこへ電話がかかってきて、母・和子(榮倉奈々)が電話に出ます。

木村さつき(麻生祐未)からの電話でした。

そして「心さん、音臼小の臨時教員の面接決まったよ!」と和子が嬉しそうに声を掛けました。

楽しそうな家族を見て、心は過去の記憶を遡るのでした。

和子が床に落ちた写真を拾いました。

プロレスごっこの拍子に落ちたようです。

写真は文吾のところだけきれいに破れてしまっていました。

それを見た心は、文吾に罪をかぶせた犯人がいるこの街で、事件を起こさせないと決意するのでした。

 

心が音臼小に採用決定!

1月12日、身元保証にとして文吾も同行し、音臼小で面接を行います。

面接は志望動機”子供たちを守りたい”という言葉を見て、即採用となりました。

木村さつきが、校内を案内してくれます。

のちに無差別殺人事件の現場となる多目的室を、初めて目にすることになります。

家へと戻った心は、ノートを取り出し、次の事件を確認しました。

3日後となる1月16日”田中義男さん自宅火災により死亡”の新聞記事を見返します。

その翌日には”三島明音が失踪”と事件が立て続けにおこる予定でした。

 

まずは、田中義男の事を文吾に伝え、協力を仰ぎます。

すると、「なんでこんなに小さい村の事に詳しいんだ?」と文吾に聞かれました。

心は返答に戸惑うのでした。

義男を訪ねると、長谷川翼(竜星涼)が一緒にいました。

心を見た翼は、「泥棒は早くこの村から出ていけ!」と罵倒します。

義男に、文吾と心は調子はどうかと聞きました。

息子・正志(せいや)も来てくれて、村の人も来てくれて、音臼小の子供たちも毎日来てくれるから大丈夫だと言います。

詩を書くのが趣味の義男は、最近よく詩が降りてくると話すのです。

体が上手く動かない義男は、詩を変わりに書き留めてもらっているというので、ノートを見せてもらいました。

すると、そこにウサギが書かれており、上から黒く塗りつぶされ、さらに女の子2人が書かれた絵も右側だけが黒く塗りつぶされているのが見つかりました。

しかし、義男に尋ねても絵を描いた人はわからないと言いました。

 

着任の挨拶!

ついに心が臨時教師として、音臼小にやってきました。

挨拶に苦戦する心に、「よくできました」と少年が言います。

「ありがとう、みきお君」と心が言い、他の全員の名前が言えると順に名前を言っていくのでした。

生徒たちはとてもうれしそうです。

職員室にいると、外から子供たちの姿が見えました。

ウサギ小屋では、子供たちがウサギの世話をしています。

そこに翼がやってきました。

さつきの話では、さつきの工場で働く紀子が、翼の婚約者だと言います。

子供たちの世話をしてくれているという翼は、子供たちの姿を写真を撮っていました。

 

ウサギ小屋のウサギが死んだ!

佐野家では、豪華なかにラーメンで心の就職祝いが行われました。

家族の笑顔が、心の決意を固くしていくのでした。

翌日、心が学校へと行くとウサギ小屋が開いているのに気づきます。

下を見ると、ウサギが死んでいました。

心の様子に気づいたさつきと、生徒たちが集まってきました。

血を吐いたウサギは、毒を飲んだのではないかと推測します。

そこへ、翼がやってきて子供たちに飴をあげようとするのです。

翼を疑っていた心は、子供たちが危ないかもしれないと「食べ物をもらっちゃいけない」と子供たちに言いました。

すると、「翼くんは友達だよ」と三島明音(あんな)がいい、翼は心に鋭い視線を向けるのでした。

教室へと集まった生徒と話しをしようとすると、明音は「先生が殺したの?パラコート、盗んだんでしょ」と言ってきました。

みんなが人殺しと心を詰めますが、鈴が泣き出してしまいます。

 

鈴と明音が喧嘩!

心の元に刑事・金丸茂雄(ユースケ・サンタマリア)がやってきました。

立て続けに起きる事件に対して、心が疑われているのです。

何も知らないし、何もしていないと心は答え、去りました。

納得のいかない金丸に、文吾が心が未来から来たと話します。

金丸にくだらない冗談だと言われてしまいました。

その頃、明音は鈴に心が翼を疑っていたと怒っています。

「先生は信用できない!」と言うと、鈴は「心はそんな人じゃない!」と言い合いになります。

そして、明音は「鈴にあげなきゃよかった」と自身があげたランドセルのキーホルダーを取ろうとするのです。

鈴は「明音ちゃんの馬鹿!」と言い捨てると教室を出ていきました。

 

ノートの絵に意味がある?

裕子が翼にあるものを手渡していました。

その頃、心が再び義男の家を訪ね、ウサギの絵をもう一度確認します。

もう一つの絵にも意味があると、ノートの絵を貰っていきました。

文吾と相談し、まずは次に起こるであろう義男家の火事を防ぐことに決めます。

文吾の心には、心が何者なのかという金丸の言葉が胸に残っていました。

 

翼が出かけて行く!

家へと帰ると、和子に鈴は明音の事を報告していました。

「死んじゃえばいいのに」と言う鈴に、和子は手をあげます。

そこへ帰ってきた心は、和子に自分のせいだと謝罪しました。

破れてしまった家族の写真を見て、和子は「この子たちが笑っていてくれたら、それだけで良い」と話します。

翌日、鈴に心は話をし、鈴は自分が悪かったと心に言いました。

一方、翼が出かけようとしているところに裕子が声をかけていました。

「そろそろ結婚式の準備をしないと」という裕子に、翼は「うるさい!」というと、裕子を突き飛ばすのです。

そして裕子が持ってきたものを手に、出かけて行きました。

 

鈴と明音がいない?

文吾と心は、家事となる義男の家を再び訪ねていました。

そこには息子・正志も一緒です。

この日1日、文吾と心は様子を見ようとしていました。

義男が手洗いに行こうとしたとき、心の鞄に躓いてしまいます。

鞄からノートが落ち、文吾はそれを目にしました。

”雪崩”という文字が見え、なんだろうと思っていると、そこへ戻った心がノートを奪いとるのでした。

そこへ、義男の家に和子から「明音に会いに行くと言った鈴が戻らない、明音もいない」と電話がかかってきました。

すると心は、あの絵を思い出します。

正志に火の用心とだけ伝え、急いで探しにいくことにしました。

 

文吾が心を殴り飛ばす?

探しに行った心が、翼を見つけ声を掛けました。

心当たりはないか?と聞くと、不審な言動をします。

「明音を探していたんだ。俺は明音が小さい時から見ていたんだ。」とだけ虚ろな目で言うと、去っていきました。

他の場所を探していた文吾が心の元へやってきました。

「なんで鈴まで」という心の言葉を聞いた文吾は、どういうことだと詰め寄ります。

そしてあのノートに何か書いてあるのか、見せてくれと頼んできました。

心は「見せるわけにいかない」と首を横に振ります。

「鈴の命がかかっているんだ!俺が信用できないのか!」と胸倉をつかみ、殴りました。

言い合いになり、文吾はもう心が信用できないと言うのでした。

鈴が見つかりました。

バス停で待ち合わせしたのに、来なかったと鈴は泣きながら話します。

金丸は、心に「明音をどこにやった?それとももう殺したのか?」と詰め寄りました。

明音の両親も冷たい目を向けますが、文吾は味方になってくれません。

心は1人、明音を探しに行きました。

 

誰かが明音を覗いている?

ある場所に、明音は閉じ込められていました。

「誰か助けて!」と泣き叫んでいると、空いていた穴からの光が消えます。

そこには目が覗いていました。

驚き、「どうしてこんなことするの」と泣き叫ぶも、そこからは出れません。

金丸が見張る中、心はいまだ明音を探し続けていました。

結局朝になっても見つかりません。

家へと戻った心を和子は心配しますが、すぐにまた出かけるといい出ていくのでした。

一方駐在所では、明音の両親が文吾に、「心は信用できない、みんなそう言っている」と文吾に詰め寄っていました。

探し回り、寒さに凍える心の元に、和子がやってきました。

温かい飲み物をもらった心は、自分が明音を見つけられないことに落ち込み、うなだれています。

駐在所では、1人考えていた文吾に鈴が「心があんな風に言われるのは違うと思う」と言いました。

 

和子の本当の気持ち!

そんな心と和子は神頼みをしようと手を合わせます。

手を合わせ気持ちを落ち着かせると、家族の顔が浮かんで、何があっても乗り越えてみせると話してくれました。

心の過去の経験である、和子に「父親のことは忘れなさい」と言われた事を、友人の話だといって和子に話します。

和子は心に言いました。

「子供たちを守ることになるのなら、同じことを言うかもしれない。

そして、心の中でお父さんにこれでいいのよねって聞く。

子供は宝物だから、お父さんが子供に元気でいて欲しいって思っていることを知っているから」

心は感動を覚えました。

 

家族が1つになる!

家族がみんな集まってきました。

鈴も慎吾も、そして文吾も手を合わせます。

手を合わせ終えた文吾は、心の元へ近づいてきました。

「鈴を気にかけてくれて、ありがとう」というと、心が鈴に渡した家族写真を手渡しました。

破れていた家族写真は、和子がきれいに貼り合わせていたのです。

文吾は殴ったことを謝罪すると、ノートなんてどうでもいい、「心を信じる」と言ってくれました。

堪えている子供たちを見て、和子は今日は星がきれいだよと声を掛けます。

そして、みんなで手を合わせて夜空を見上げるのでした。

 

犯人は誰?

次の日になり、心は再び絵を手がかりに探そうと決意します。

すると、新聞配達を翼ではなく、店長がしている光景を目にしました。

翼が無断欠勤しているのだと言います。

翼の家を訪ねると、裕子が出てきました。

しかし、どこにいるかも知りませんと言われてしまいます。

表札にある”佐々木紀子”という名前を目にした記憶があり、ノートをたどります。

すると、”シアン中毒により自殺”という紀子の記事が出てきました。

シアン化カリウムとはすなわち、青酸カリのことで、メッキ工場で使用していると書いてあるのです。

やはり翼なのかと確信しました。

 

明音の居場所が判明!

心の前を生徒が通ったため、心はあの絵を見せます。

すると風速計に似ていると聞き、急いで文吾と向かいました。

扉を開けると、明音が見つかりました。

明音は生きていたのです。

そこへ金丸がやってきて、急いで明音を運ぶと、「なぜここにいるとわかった」と心に言いました。

手がかりの絵があることを文吾が伝えると、見せろというも、絵はあのノートの中です。

詰め寄ってきた金丸を振り払うと、公務執行妨害だといって逮捕しようとします。

その時、「翼の遺体が見つかった」と無線が入るのでした。

 

>>「テセウスの船」ドラマを無料でイッキ見!

>>「テセウスの船」漫画全巻無料で読む方法はない?

>>「テセウスの船」ホラーで怖い!ドア穴の目の犯人は誰?

>>真犯人黒幕はこの人!犯行動機を詳しく考察

 

ドラマ「テセウスの船」翼ロリコンで死因は自殺or毒殺?2話のネタバレ&あらすじまとめ

今回は、ドラマ「テセウスの船」2話のネタバレとあらすじ、そして翼がロリコンという話題と、死因が自殺か毒殺かについても考えてみました。

明音失踪前に見つかったノートに書かれた絵や、覗きこむ目、犯人へとつながりそうなものが出てきましたね。

翼の死因は判明していませんが、自殺か毒殺かによって、犯人へ繋がるかわかりそうです。

3話も早く見たいですね(^_-)-☆

以上、ドラマ「テセウスの船」2話のネタバレとあらすじ、翼がロリコンか、死因が何かについて調べて考察してみました!